ステンレス製器具の汚れをキレイにする方法

美しいステンレス製器具を使い続けるために

ステンレス製器具に付いた汚れを落とす

ステンレス製の器具汚れを落とす

ステンレス製の器具に付いた汚れ、またサビを落とすために効果的なものが酸です。とくにクエン酸はステンレス製の器具に付いたサビを落とすのに効果的なアイテム。クエン酸と同様に重曹も汚れやサビを除去するのに効果的です。
クエン酸や重曹は、そのまま使用するよりも水で薄めて使うほうがステンレス製の器具の表面を痛めません。水で薄めた液を布やキッチンペーパーに含ませ、ステンレス製の器具の汚れやサビが気になるところに当て、パックのようにしみ込ませる方法がオススメです。
特にオススメなのが、ぬるま湯にクエン酸や重曹をなじませ、それをパックする方法。上からラップを巻くと、より汚れに浸透しやすくなり、ステンレス製の器具の表面を傷つけずに汚れやサビを落とすことができます。

クレンザーを使う場合のポイント

クエン酸や重曹を使う場合はもちろん、頑固な汚れにクレンザーを使用するという場合にも注意したいのが力加減です。ステンレス製の器具の表面にはステンレスのサビを防止するための膜が存在しています。この膜は、鋭利なものが当たった際や力強くこすった際などに傷ついてしまう可能性があるものです。
せっかく汚れやサビをキレイにするために磨いているのに、サビや汚れの原因となる傷をつけてしまうのでは本末転倒となってしまいます。ステンレス製の器具をキレイにする場合には、表面に傷がつく可能性があることを踏まえ、無理にこすらないこと。また磨く道具もタワシなど傷が付きやすいものはなるべく避け、メラミンスポンジなど凹凸の無いものを選びましょう。


この記事をシェアする