ステンレス製器具の汚れをキレイにする方法

美しいステンレス製器具を使い続けるために

美しさが人気のステンレス製器具

汚れないのではなく汚れづらい

ステンレス製器具は、汚れや傷、錆が付きづらく美しいままの姿を保つことができる製品として人気があります。しかし、とはいえ使い続けていくと何だか錆や汚れが付着してきたと感じることがあるでしょう。
実はステンレス製器具は、サビない汚れないのではなく、サビ付きにくく汚れにくい製品なのです。ですからサビやすい環境や汚れ、傷が付きやすい環境に置くことで、ステンレス製器具にも汚れが付着しやすくなるということ。
例えば水道水をそのままステンレス製器具に付着させたままにすれば水アカの原因になります。またタワシやクレンザーを使えばステンレス製の表面に傷が付きます。しょう油や味噌など塩味の強い調味料が付着したままにすると、ステンレス製の表面の酸化皮膚が破壊され、そこからサビが生じる可能性が高くなるなど、ステンレス製であっても汚れが生じることがあるのです。

ステンレス製の器具の特性とは

ステンレス製の器具とは、何かについて簡単にご紹介します。ステンレスとは鋼、クローム、ニッケルを混合指せた金属です。一般的に過程で使われる金属に鉄があります。鉄はとても重たいものですが、ステンレスは鉄に比べて軽く、サビにくいという利点があります。
鉄はサビやすいですが、これは空気中の酸素が影響しています。金属は酸素に触れることでサビやすくなる性質を持っています。ステンレスはクロームが酸素と結合して、ステンレスの表面に酸化皮膜を生み、酸素によるサビを防止しています。またニッケルも使われているため、塩に対する耐久性もあり、様々な調味料の影響を受けづらい物質でもあります。
膜がある限りステンレス製品はサビません。逆にいえばこの膜が傷つくことで汚れやサビは生まれやすくなるのです。


この記事をシェアする